ゴルフクラブの選び方で大切なポイント

ゴルフクラブの選び方で大切な用語の説明
フェース角
フェースの目標地点に対する向きのことです。
数字がマイナスであれば、オープン(スライスフェース)で
プラスであればクローズド(フックフェース)です。
スライスが多い人は、
フェース角のクローズド(フックフェース)のものを選ぶと良いと思います。
逆にフックの多い人は
オープン(スライスフェース)のものを選ぶと多少矯正されると思います。

ロフト角
クラブフェースの傾斜角度のことです。
角度が大きいほどボールは高く上がり、距離は短くなる。
ドライバーを選ぶときに低い球が打ちたい人は
ロフト角の数字の小さいものを選ぶと良いでしょう。
逆にもう少し高い球が打ちたい人は、
多少距離が落ちるかもしれませんがロフト角の数字の大きいものを選ぶと良いでしょう。

ライ角
クラブヘッドとシャフトの取付け角度のことです。
このライ角とは、意外と重要なものです。
ボールの飛ぶ方向に影響します。
特にショートアイアンに対しては影響が大きいと言われます。
このライ角は体格によって適正な角度が違い千差万別ですので
ゴルフショップ等で適正地を計って下さい。

シャフトの硬さについて
通常の場合





の5段階で表示されています。
ただし、メーカーによって同じSでも硬さが違うため
ゴルフショップでスイングスピードや振動数を図ってもらい選択すると良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※当ブログ:ゴルフを楽しもうでお探しの情報がない場合 こちらから再度検索してください。
カスタム検索
Powered by Seesaa
Ferretアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。